1. ホーム
  2. 基礎知識
  3. ≫馬プラセンタと豚プラセンタはどちらを選んだほうが良い?

馬プラセンタと豚プラセンタはどちらを選んだほうが良い?

プラセンタは動物の胎盤から抽出したエキスであり、美容や健康面に良い影響があるものであり、注射やサプリメント、化粧品等に活用されています。

プラセンタの選択時に馬プラセンタと豚プラセンタで悩む方が多いですが、まずは両者の特徴を知ってからどちらを選ぶか決定する事が有効です。

馬プラセンタは名前の通り、馬の胎盤から抽出したものを活用しており、豚プラセンタも豚の胎盤から抽出しているものですが、市場に並ぶ化粧品やサプリ等は豚プラセンタを活用したものの方が多い傾向にあります。

馬プラセンタの方が希少性が高くて、タンパク質原料になるアミノ酸含有量が多く、体の中で合成出来ずに外部から摂取の必要がある必須アミノ酸が含まれており、豚プラセンタには含まれていないものが馬プラセンタにはあります。

安全性に関しても馬プラセンタに軍配が上がり、馬は豚よりも基礎体温が高いですから寄生虫リスクが少ないですし、馬のプラセンタの安全性の高さには定評がありますし、馬を育てる過程でも抗生物質を使ったり人工的な加工が豚のように行われていませんから安全性が高いでしょう。

馬は出産数も豚よりも少ないですから、どうしても胎盤から抽出出来る量も少ないですし、希少性が高くなりコストが上がります。

これらの両者の比較から馬プラセンタを選ぶ事が望ましいですが、重要な事は馬や豚の成育環境の他にも、胎盤からのエキス抽出の方法、製造の方法といった点によって効果は変わる事になり、どれだけ素晴らしい胎盤のパワーがあったとしても、抽出技術が低いとプラセンタの効果に期待する事が出来ないでしょう。

ですから製造方法や成分表示をチェックして信用出来る所から手に入れる事が必要であり、コストを考慮した上で選択する事が必要になります。