1. ホーム
  2. 基礎知識
  3. ≫イソフラボンとプラセンタの使い分け

イソフラボンとプラセンタの使い分け

美容商品として有名なものにはイソフラボンやプラセンタなどがあります。同時に入っている商品もありますが、細かい違いなどを知っておくと、自分にあった効果が選べるので今回はイソフラボンを中心に紹介していきたいと思います。

イソフラボンを中心に

イソフラボンについては知っている人も多いと思いますが、主に大豆商品から摂取することができます。その効能は女性ホルモンであるエストロゲンと似たような働きをすることが分かっており、エストロゲンの減少による更年期障害を減らす効果があります。

もちろん大豆由来の天然成分なので安全性という面では優れていますし、癌や骨粗しょう症の予防などにも効果があると言われています。このイソフラボンはエストロゲンなどを補充する働きがあり、ホルモンバランスを調整するという役割になるのです。

これと似たような働きをするのがプラセンタですが、こちらは元々のホルモンバランスを調整する機能自体を活性化させる働きがあり、エストロゲンの分泌を促進する効果があります。またプラセンタには成長因子というアミノ酸などの様々な成分が含まれているのも特徴です。

利用は目的別に!

さてこれらの違いを考慮したうえで、それではどちらを選んだ方がいいのかというのは、やはり目的別に使用を分けるのがいいと思います。イソフラボンに関してはエストロゲンを補充する意味合いがありますが、摂取し過ぎると返ってホルモンバランスが崩れてしまう可能性があります。

利点としては圧倒的に副作用が少ないというのと比較的お値段が安いというのは大きいと思います。逆にプラセンタはホルモンバランスの機能を改善するという意味合いになりますが、これは長期的なスパンを掛けて行うためにしっかりと管理をしないといけないというのが難しいかもしれません。

またプラセンタはお値段がかなり掛かる場合もありますのでよく考えて購入をした方がいいでしょう。