1. ホーム
  2. 基礎知識
  3. ≫プラセンタの摂取方法によるメリットとデメリット

プラセンタの摂取方法によるメリットとデメリット

プラセンタの摂取方法には様々な種類が存在しているのですが、それぞれにメリットデメリットがありますのでよく理解する必要があるとされています。

サプリ

まず一般的にはサプリを連想される方が多いと思うのですが、非常に手軽であるメリットを有している一方、飲むタイミングによりってては吸収効率に差があります。

一番吸収効率の良いタイミングとしましては空腹時に摂取するのが良しとされていて、小腸からの吸収効率が一番上がると考えられているようです。

ドリンク

それからドリンクタイプも最近では人気があり、コンビニエンスストアでも手に入るようになってきていますよね。このドリンクタイプのメリットは、手軽に買い求めることが可能なので摂取が容易である点にあるとされています。

一方デメリットとして考えられているのは配合量であり、良く成分の配合量を確認しておかないと、極めて少量しか有効成分が配合されていない場合があるのです。

注射

一番効果的な方法としてはプラセンタ注射による摂取方法が有ります。これには皮下注射と筋肉注射の2種類が存在しており、このうち皮下注射の場合には投与できる薬液量が少ないこともあり、安価に済ませることが可能となっています。

対しまして、筋肉注射の場合には吸収速度や持続性に優れているという特徴を持っているので、大変効果的であると考えられています。しかしながら金銭的には高額となりますので、継続的に筋肉注射による摂取方法はかなりの負担になります。

点滴

最後にプラセンタの点滴にて摂取する方法なのですが、一般的には認可されていない方法であり注意が必要です。

なぜならば静脈に注射をする点滴の場合には、体外への排出スピードが速いので効果の出現が弱いと考えられているのです。

そのために点滴による摂取方法は例外的と考えておくのが良いと思います。